×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スズキ(SUZUKI)ジムニー の歴史 (1)

スズキ(SUZUKI)ジムニーは1970年から販売している、軽四輪オフロード車です。
爆発的な売上があるわけではないですが、ジムニーの高い走破性と当時軽自動車唯一の存在はコアな
ファンによってその存在を支えられてきました。
初代ジムニーはLJ10という型式で発売され、今でも中古車市場では、20万円〜70万円で取引
されています。2代目のLJ20を経て3代目のSJ10からは550tに排気量はアップされまし
た。
1981年に11年ぶりにSJ30とフルモデルチェンジとなり、操作性などを向上させました。
このSJ30は、すでにスズキの軽自動車のほとんどは4ストロークエンジンに移行するなか、87年
まで2ストロークエンジンを搭載して発売されました。この2ストロークエンジン車を好きなマニアも
多く、このSJ30もジムニーの中古車の中ではまだ値段が高い相場になっています。

-PR-
【無料】愛車最大8社一括査定依頼!!【車買取比較.com】

スズキ(SUZUKI)ジムニー の歴史 (2)

ジムニー2代目 第2期 JA71
スズキ・ジムニーはそれまでの2ストロークエンジンに代えて、初めて4サイクルターボエンジンが搭
載しました。550ccのターボエンジンと、5速マニュアルの組み合わせによって、静粛性と高速走行で
の余裕は高まりました。しかし低回転時のトルクが2サイクルエンジンに比べ不足し、ターボが効いたと
たんに、パワーが急に出るため、オフロードやオンロードでのスロットル操作は難しくなりました。
そのため、従来の2ストロークエンジンを搭載した、SJ30型も併売されれていました。
1987年11月には、インタークーラー装着車のジムニーが登場します。インタークーラーの追加によ
、約15馬力のパワーアップを果たしました。
ジムニー2代目 第3期 JA11V 1990年2月
軽自動車の規格が660tにアップされたため、ジムニーのエンジンもそれに合わせて作られました。前
後のバンパーも大型化され、サスペンションとダンパーの見直しも行われ、オン、オフともに操作性をア
ップさせました。

スズキ(SUZUKI)ジムニー の歴史 (3)

2代目 第4期(1995年〜1998年) JA12  JA22
このモデルでは、ジミニー史上初のサスにコイルスプリングを採用し、さらなる走破性を向上させました。
3代目(1998年〜) ( JB23W )
ジムニーの三代目は、軽自動車の規格改正に伴いフルモデルチェンジされました。デザインはそれまでの角
型から丸みを帯びたものに大きく変更され、車体サイズも拡大されました。
ジムニーは新車価格も軽自動車のなかでも高く、そのため、若い世代のジムニーファンは中古車のジムニー
を探す傾向にあります。しかし、もともと中古車のジムニー自体の数が少ないため、中古車相場も全体的に
高めの傾向にあります。幌のタイプのジムニーなどは現在スズキでも製造していないので、驚くような高値
で中古車相場に出てくる事もあります。(逆にパノラマミックルーフタイプのジムニーは少し安めの価格で
中古車市場に出る事もあります。)
そうやって手に入れた、中古のジムニーに自分のすきなパーツを組んだりして、ジムニーでの走行を楽しむ人
たちが増えているようですね。
    
 

Copyright © 2008 人気の、ジムニー中古車